期待していた占いの結果が出たとしても前向きにそれを捉えることが大事である

わたしは「占いを信じますか?」と聞かれると困ってしまいます。なぜなら、信じられる占いと信じられない占いがあるからです。

おどけた表情のメガネをかけた女性

私が信じない占いは、雑誌などに書いてある星占いなどです。なぜかというと、ひょっとすると、それは、100%嘘ということではないかもしれませんが、人生というのは、星の位置だけでは語れないからです。

それも含め、その人の性格や、行動、気持ちなども伴って運命を決めると思うのです。そんな理由で雑誌の星占いは私には当てはまらないと思っています。

私が、信頼している占いは霊能者による占いです。霊能者というのは、実際に私と対面して、私の人生や、守護霊、人間性などを見て、私一人にあった、占いをしてくれるからです。

私が今まであった、占い師の中で、この人の占いは当たると思った人は、やはり、霊能力を持っている人でした。の過去をすべてお見通しだったので、彼女が言う未来も、信じることができました。

更に、彼女が、未来は自分の気持ち次第で変えられるということも付け加えたところも、気に入りました。占いで出た、よい未来は、そうなるように自分も全力でがんばろうと思い、注意しなければいけないと言われたとこは、注意して、そうならないようにしようと思いました。

占いというのは、出てきた答えをまるっきり、鵜呑みにするのではなく、占いで出た結果をどうするかは自分次第であるということを感じました。

関連ページ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ