占術として用いている電話占い師も多くなってきているのが数秘術

数秘術はヌメロロジーとも呼ばれています。西洋占星術や易学などの占いの一つです。西暦の生年月日や姓名のデータから固有の計算式を使います。

そうして算出した数値によって、先天的な宿命や運勢を鑑定します。1から9までの数字はそれぞれに性質があります。誕生日や姓名がどの数を持っているかによって鑑定できるとされているのです。

カバラの暗号解読法・ゲマトリア・ユダヤの神秘哲学などが用いられることもあると言います。現在主流派になっているのは20世紀前半に米国のミセス・L・ダウ・バリエッタが体系化した数秘術です。

数秘術の起源と歴史

世界の中でも最も古く歴史がある分析学の一つが数秘術です。数秘術の創始者は古代ギリシャの哲学者・数学者のピタゴラスだと言われています。

あの「ピタゴラスの定理」で有名な人です。「万物は数によって表される」というピタゴラスの考え方がベースになっています。

ピタゴラスの思想は哲学者プラトンに引き継がれ、数学の発展につれて成熟したものになってきます。されにはタロット占いや西洋占星術とも結び付きます。

ユダヤ教のカバラの書物によって補強されました。ルネサンス期にはヨーロッパで一大ブームとなり、近年そのブームが再来してアメリカやヨーロッパで注目されています。

数秘術の占い方法

生年月日・姓名を数字に置き換えます。一桁になるまで全ての数字をプラスして、最後にでた数字が持つ意味から鑑定します。

生年月日からは「誕生数」が導きだされ、姓名からは「姓名数」が導き出されます。場合によっては生年月日や姓名の一部だけを計算することもあります。

また生年月日や姓名の数を組み合わせる方法もあるのです。日本人の場合は漢字ですから、姓名をローマ字で表記して、アルファベットを数字に置き換えるのが一般的なやり方です。

誕生数に関しては一生変わることがありません。先天的な宿命や持って生まれた性格が鑑定できます。姓名数は結婚などで姓が変わる時の運命が占えます。

また芸能人の芸名やニックネームなどの運命も占えます。

関連ページ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ